【目に良い栄養素】ビタミンA | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局

目によい食生活

【目に良い栄養素】ビタミンA2014/11/28更新

vitaminea-img01

ビタミンAは、脂溶性のビタミンです。体全体の上皮組織、粘膜を保護する働きがありますが、目の粘膜である「角膜」と「結膜」も保護してくれます。

「結膜」は、目の表面を乾燥から守るために粘液を分泌します。これが涙の土台になります。ところがビタミンAが不足すると、粘膜である「結膜」が荒れ、涙の土台となる粘液も分泌されにくくなります。その結果、目に涙がのらなくなり、角膜や結膜が乾燥することに。これがドライアイ、角膜炎、結膜炎を引き起こすのです。

その他、ビタミンAは、目の網膜の新陳代謝を高めてくれます。そのため、網膜の病気の予防になると考えられます。

また、ビタミンAは、目の網膜にある視物質「ロドプシン」の素材にもなります。
ロドプシンは、うす暗いところではたらく細胞。そのためビタミンAには、暗い場所に徐々に目が慣れていく「暗順応」を高めるはたらきもあるのです。
ビタミンAは、レバーや、緑黄野菜に多く含まれています。

foods-vitamina-img01


「みんなの相談室」最新記事

目のお悩みなら漢方の葵堂薬局へ
サブコンテンツ