【目に良い漢方】ニョテイ | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局

目によい食生活

【目に良い漢方】ニョテイ2015/4/19更新

漢方イメージ

ニョテイの実は、生薬名を女貞子(ニョテイシ)と言います。中医学では滋陰薬に属し、古くからアンチエイジング効果が知られ、続けて飲んでいると徐々に強健になり、年を取っても若々しく生活を送れると言われてきました。腰膝を強くして精力を養うと言われ、腰膝のだるさや無力にも奏功するとして利用されてきました。また、補肝腎作用や清熱明目作用を有するので、眼精疲労や初期の中心性網膜炎、老人性白内障に効果的と言われています。

≪ニョテイの実に含まれる有効成分に含まれる有効成分≫

●トリテルペン類(オレアノール酸、ウルソール酸):
高麗人参などの人参類、きのこ類の含有成分として知られる。消炎作用や抗酸化作用がある他、近年では、抗がん効果についての研究も進められている。

●マンニトール:糖アルコールの一種。循環血漿量を増加させると言われる。


「みんなの相談室」最新記事

目のお悩みなら漢方の葵堂薬局へ
サブコンテンツ