【目に良い漢方】サメ軟骨 | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局

目によい食生活

【目に良い漢方】サメ軟骨2015/4/19更新

漢方イメージ

サメ軟骨は生薬名を鮫魚翅(コウギョシ)と呼び、滋陰薬に属します。滋養作用や新陳代謝亢進作用、胃腸の機能を高める作用があるとされ、昔から病中病後の体力回復や健康増進、美容などに利用されてきました。また、ナマコなどを配合したスープが視力を高めるということで、薬膳料理としても活用されています。有効成分はコンドロイチン硫酸やコラーゲンとされており、これは西洋医学的にも裏づけされています。眼球は コンドロイチン硫酸やコラーゲンが主たる構成要素です。これらの要素が老化により減少すると、養分や老廃物の輸送に重要な働きをしている結合組織の機能が低下し、老眼や白内障を進行させます。

≪サメヒレに含まれる有効成分≫

●コンドロイチン硫酸やコラーゲン:眼球の結合組織の構成成分であり、視力を上させる作用が知られ、目薬等の医薬品にも利用されている。両者とも老化による機能低下を防ぎ、神経機能を高める。


「みんなの相談室」最新記事

目のお悩みなら漢方の葵堂薬局へ
サブコンテンツ