【目に良い漢方】ケイケットウ | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局

目によい食生活

【目に良い漢方】ケイケットウ2015/4/19更新

漢方イメージ

ケイケットウはマメ科のつる性植物の茎で、基原はムラサキナツフジなどの植物です。漢字では「鶏血藤」と書きます。茎を切ると赤い樹液が出ることから鶏 の屠殺を想像し、その名が付いたようです。中医学では、活血化お薬に属し、造血しながら血流を 改善する作用のある滋養強壮剤として古くから利用されています。応用範囲は広く、老化や虚弱による目の疲れやかすみ目の改善にも適応します。循環血液量を増やし、血流を促進させることで、眼組織の新陳代謝を亢進させることで視力を向上させると考えられます。


「みんなの相談室」最新記事

目のお悩みなら漢方の葵堂薬局へ
サブコンテンツ