【目に良い漢方】エビスグサ | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局

目によい食生活

【目に良い漢方】エビスグサ2015/4/19更新

漢方イメージ

エビスグサはマメ科の一年生草本で、中国や日本、アジア等で広く栽培されています。別名、決明子(ケツメイシ) あるいは草決明(ソウケツメイ)と呼ばれています。これは、「植物の中にある目を明らかにするもの」という意味です。中医学では清熱明目薬に属し、底翳と呼ばれる 白内障や緑内障、あるいは夜盲症、角膜結膜の充血など、様々な眼病の治療に用いられてきました。

≪エビスグサ(種子)に含まれる有効成分≫

●アントラキノン誘導体:肝臓の負担を軽減し、眼精疲労や血圧亢進を改善させる。

●ビタミンA:皮膚や粘膜の新陳代謝を高め、目の疲れや充血緩和に役立つ。

●ルブロフサリン配糖体:水晶体の抗酸化物質であるグルタチオンの合成能を促進させる。


「みんなの相談室」最新記事

目のお悩みなら漢方の葵堂薬局へ
サブコンテンツ