【目に良い栄養素】βカロテン | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局

目によい食生活

【目に良い栄養素】βカロテン2015/4/19更新

漢方イメージ

人参やカボチャなどに含まれるβ-カロテンは、強い抗酸化作用をがあり、活性酸素による細胞の障害を軽減させると言わ れています。また、体内で必要な量をビタミンAに変換します。ビタミンAは皮膚や粘膜を強化し、細菌やウイルスの感染を抑制しますが、その他にオプシンと呼ばれるタンパク質と結合して、 目の網膜にある光や色を感じる物質であるロドプシンに変化します。
β-カロテンは夜盲症(明るいところから暗いところに入ったときに目が慣れる まで時間がかかるなどの症状)を軽減させると言われています。

≪βカロテンの摂取量について≫

β-カロテンは、ビタミンA源の栄養機能食品として厚生労働省から認められ、「夜間の視力の維持」「皮膚や粘膜の健康維持」などを助ける栄養素であるとされています。


「みんなの相談室」最新記事

目のお悩みなら漢方の葵堂薬局へ
サブコンテンツ