3分でわかる!治まらない目のかゆみの原因と対処法を解説! | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局

目の健康コラム

3分でわかる!治まらない目のかゆみの原因と対処法を解説!2018/5/11更新

突如目のかゆみが襲ってくると、仕事や勉強に集中できなくなり大変ですよね。
目がかゆくて無意識にこすってしまいがちですが、余計に目のまわりの皮膚を傷つけてしまいます。
目のかゆみは原因によって対処法が異なってきます。
そこで今回は目のかゆみに対する原因と対処法について解説していきます。

 

■目のかゆみを引き起こす要因
目のかゆみが頻繁に続く場合は、結膜炎の可能性が考えられます。
結膜炎とは、外部からの刺激により結膜が炎症を起こした状態のことです。
この結膜が炎症を起こす原因には、アレルギー性結膜炎と感染性結膜炎のものがあります。

 

・アレルギー性結膜炎
アレルギー性結膜炎は、アレルギー反応を引き起こす外部からのアレルゲンによって炎症が起こる症状です。
このアレルゲンは、花粉やダニ、カビ、ペットの毛などが挙げられます。
これは目のかゆみだけじゃなく鼻水やくしゃみなどの症状を伴うことが多いです。

 

・感染症結膜炎
結膜炎はアレルギー性以外にも、インフルエンザ菌や肺炎球菌、黄色ブドウ球菌、淋菌などの細菌によって引き起こされることがあります。
インフルエンザ菌による結膜炎は主に乳幼児にかかりやすいと言われている一方、肺炎球菌や黄色ブドウ球菌による結膜炎は高齢者に多く見られる病気です。

 

・その他
その他に考えられる要因として、「目の乾燥」が挙げられます。
例えば、長時間のパソコンやスマートフォンの使用は瞬きの回数を減らし、涙液を不足させてしまいます。
また、コンタクトレンズの使用により、水分蒸発を促し細菌感染のリスクを高めてしまいます。
他にもエアコンの使用による室内の乾燥も目のかゆみに繋がることがあります。

 

■かゆみを抑える対処法
目がどうしてもかゆいとき、眼球や目のまわりの皮膚に良くないと知っておきながら無意識に手でこすってしまいますよね。
ここではかゆみを抑える対処法についてご紹介いたします。

 

目がかゆいときは、かゆみを和らげてくれる目薬を点眼しましょう。
目のかゆみの原因となるヒスタミンの働きを抑えるためには、クロルフェニラミンマレイン酸塩の入った目薬がおすすめです。
アレルギー性の場合は外出時にマスクや眼鏡、帽子などでアレルゲンの侵入を防ぎ、帰宅後はすぐに洗顔とうがいをするように心がけましょう。

 

■まとめ
今回は、目のかゆみの原因とその対処法について解説いたしました。
目のかゆみや違和感がある方は、すぐに眼科病院で適切な検査を受けましょう。


目のお悩みなら漢方の葵堂薬局へ
サブコンテンツ