原因や治療法は!?これだけは知っておきたい網膜剥離のススメ | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局

目の健康コラム

原因や治療法は!?これだけは知っておきたい網膜剥離のススメ2018/2/24更新

「網膜剥離は誰でも発症するの?」、「ボールが当たって網膜剥離になった」。

このように網膜剥離という病名は聞いたことがあるものの、その他の知識がぼんやりしている、噂程度の治療法しか聞いたことがないという方はいらっしゃいませんか?

「網膜剥離」という病名は聞く機会が多いにもかかわらず、詳しく知らないという方は多いかもしれません。

そこで今回は「網膜剥離」の原因や症状をご説明します。

 

○網膜剥離って何!?

網膜剥離という病気を知る前に知っておかなければならないのが、「網膜」とよばれる眼の器官です。

網膜は眼球の奥にある薄い膜ことで、水晶体から入ってくる光を受け止める器官です。

眼をカメラと例えたときの「フィルム」の様なもので、網膜で光や色を感じ、捉えた像を視神経に伝えます。

「網膜剥離」はこの網膜が剥がれてきてしまう病気です。

 

・原因

原因には大きく分けて二つあり、加齢からくるものと眼球への衝撃によるものがあります。

一般的には加齢と共に網膜剥離を発症するのですが、「ボールが当たる」、「眼に硬いものがぶつかってしまう」、といった場合にその衝撃で急激に眼球が変形し、網膜が剥がれてしまうこともあります。

つまり、網膜剥離は年齢関係なく誰にでも起こりうる病気なのです。

 

・症状

網膜剥離は網膜がすべて剥がれ落ちてしまう病気ではないので、網膜の欠落した箇所によって症状も少しずつ異なります。

視力低下や視野の障害、飛蚊症(ひぶんしょう)、光視症、変視症などの症状が現れます。

 

1.飛蚊症
飛蚊症になると、明るいところや背景が白いところを見る際に、細かいゴミや虫が飛んでいるように見えるようになります。

これは網膜剥離特有の症状というわけでなく、加齢や、近視などによるただの生理的変化の可能性もあります。

こういった症状が現れた場合は、早急に眼科で診断を受け、飛蚊症の原因をきちんと調べてもらいましょう。

 

2.光視症
光視症は視野の中に稲妻のような光が走るように見える病のことをいいます。

病的に網膜が薄い箇所があると、そこが水晶体に引っ張られ、網膜が刺激されます。

それにより視野に稲妻が走ったように感じるようになります。

光視症の方の中には網膜に亀裂が入っているという場合もあるため、自覚症状のある方は早めに検診を受けましょう。

 

3.変視症
変視症とは、視野が歪んで見える病気のことです。

「黄斑(おうはん)」とよばれる網膜の中央部分の異常や、脳の障害が原因で起こる病気のことです。

視野が歪むこと意外にも、モノが大きく見えたり、小さく見えたりといった症状を伴う場合もあります。

 

今回は網膜剥離の原因と症状についてお話ししました。加齢だけが原因なのではなく、眼の衝撃により発症する可能性があります。

自覚症状が無い場合も、定期検診の際に網膜剥離が発覚する可能性もあるため、眼に衝撃を受けた場合は眼科で検診をしてもらいましょう。


目のお悩みなら漢方の葵堂薬局へ
サブコンテンツ