【目に良いレシピ】水菜と蒸し鶏の京風サラダ | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局

目によい食生活

【目に良いレシピ】水菜と蒸し鶏の京風サラダ2014/11/26更新

水菜と蒸し鶏の京風サラダの栄養・健康効果(効能)

鶏肉はもともと脂肪が少ないお肉ですが、中でも脂肪の少ないささ身の部分を使うことによって一層カロリーを抑えることができます。ささ身にはビタミンAが豊富に含まれていて、目が疲れた時にはぴったりの食材です。調理の際にゆずの果汁を使い、香りよく仕上げてあげると塩分が少なくても気になりません。見た目も、水菜やにんじん、紫玉ねぎなどをあわせて彩り豊かになります。野菜主体のサラダではありますが、蒸し鶏を加えることでボリュームもある逸品に仕上がります。

水菜と蒸し鶏の京風サラダの作り方

水菜と蒸し鶏の京風サラダ

材料(2人分)

  • ささ身 100g(2本)
  • 酒 小さじ2
  • 水菜 50g
  • 紫玉ねぎ 30g
  • にんじん 30g
  • ノンオイル和風ドレッシング(市販) 大さじ2
  • ゆず 1/2個

1.ささ身に酒をふり、ラップをかけてレンジで1分弱加熱し、冷めたら細かく裂いておきます。
2.水菜は4cmの長さに切り、紫玉ねぎは薄く切って水につけておきます。にんじんはせん切りにします。
3.ドレッシングにしぼったゆずの果汁を混ぜておきます。
4.水菜、ささ身、水気をきった紫玉ねぎ、にんじんを混ぜ合わせて器に盛り、(3)をかけていただきます。
(1人分) エネルギー:95kcal 脂質:0.5g


目のお悩みなら漢方の葵堂薬局へ
サブコンテンツ