【目に良いレシピ】イカとあしたばのサラダ | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局

目によい食生活

【目に良いレシピ】イカとあしたばのサラダ2014/11/26更新

イカとあしたばのサラダの栄養・健康効果(効能)

いかは良質なたんぱく質と資質を含み、なおかつ低エネルギーという特徴があります。
含まれる成分としてタウリンを始め、魚類ではおなじみのDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)等を多く含んでおり、疲労回復の効果や肝臓の強化、そして動脈硬化を防ぎます。
また、セリ科のあしたばも非常に栄養が豊富で、βカロテン、ビタミンC、カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄等様々な栄養が含まれ、特にカルシウムによる骨粗しょう症予防、それに加えカルシウムの吸収を助ける効果のあるマグネシウムを含んでいるというまさに至れり尽くせりな食材です。
また物繊維も多く含まれていますから、便秘解消にも効果があります。
あしたばにはカルゴンと呼ばれる苦味成分に当たる成分が含まれます。
カルゴンにはアレルギー症状を緩和する効果があり、今花粉症予防も期待されています。

イカとあしたばのサラダの作り方

recipe-angelica-img01.gif

材料(2人分)

  • いか(足) 60g
  • あしたば 120g
  • オリーブ油 小さじ2
  • レモン汁 小さじ2
  • 塩・こしょう 各少々

1.あしたばはゆでて、5cm長さに切ります。いかはサッとゆでて3cm長さに切ります。
2.オリーブ油、レモン汁を合わせたもので(1)を和え、塩・こしょうで調味します。
(1人分) エネルギー:86kcal  たんぱく質:7.6g  カルシウム:44mg


目のお悩みなら漢方の葵堂薬局へ
サブコンテンツ