【目に良いレシピ】あしたばのかき揚げ | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局

目によい食生活

【目に良いレシピ】あしたばのかき揚げ2014/11/26更新

あしたばのかき揚げの栄養・健康効果(効能)

あしたば(明日葉)は生命力が強く、栄養豊富で強壮効果がある野菜です。βカロテン、ビタミンC、カルシウムを始め、マグネシウム、カリウム、鉄、豊富な食物繊維を含んでいる。あしたばの香りと苦味の素であるカルコンには、アレルギー症状の緩和や、胃の保護、それに加えてがん予防の効果があるとされています。小柱(バカガイの貝柱)と桜えびにはカルシウムなどのミネラルが豊富にかつバランスよく含まれているため、骨を強くする作用が有り、骨粗しょう症の予防に役立ちます。

あしたばのかき揚げの作り方

あしたばのかき揚げ

材料(2人分)

  • あしたば 80g
  • 小柱 80g
  • 桜えび 大さじ2
  • 衣【小麦粉 大さじ4】
  • 卵 30g
  • 冷水 適宜
  • 揚げ油 適宜
  • 大根 100g
  • しょうが 少々
  • 天つゆ 適宜

1.あしたばは2cm長さに切ります。大根、しょうがはすりおろしておきます。
2.小麦粉に卵と冷水を加え、さっくりと混ぜて衣をつくります。
3.(2)に、あしたば、小柱、桜えびを混ぜます。
4.油を170~180度程度に熱し、(3)を揚げます。
5.器に懐紙を敷き、(4)を盛り付け、天つゆをかけた(1)の大根としょうがを添えます。
(1人分) エネルギー:395kcal たんぱく質:14.5g カルシウム:116mg


目のお悩みなら漢方の葵堂薬局へ
サブコンテンツ