【目に良い漢方】真珠末 | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局

目によい食生活

【目に良い漢方】真珠末2014/11/28更新

漢方イメージ

真珠は、古くから肌の美容に利用され、古代エジプトの女王クレオパトラや古代中国の楊貴妃も、美と健康のために愛飲したと伝えられています。
現代でも保湿作用に優れた美容成分として様々な化粧品に配合されています。中医学では、 生薬名を珍珠(チンジュ)と呼び精神を安定させ、目を明らかにするということで、目の充血や痛み、異物感、角膜の混濁に用いられました。多くは炭酸カルシウムですが、アワビの貝殻の真珠層と同じく、コンキオリンという抗酸化作用や細胞分裂の活性化作用に優れたタンパク質も少量含まれています。


目のお悩みなら漢方の葵堂薬局へ
サブコンテンツ