【目に良い漢方】アワビ | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局


★夏季休業について★
誠に勝手ながら、当店は8月17日(木)~8月23日(水)までお休みをいただきます。
お問合せや注文は休業中も受け付けております。返信は休み明けより順次対応致します。
目によい食生活

【目に良い漢方】アワビ2014/11/28更新

漢方イメージ

アワビの貝殻の真珠層を、漢方では「石決明」と呼びます。これは、「目を明らかにする石のように硬いもの」というような意味です。
古くから緑内障や白内障の改善に用いられてきました。アワビの粉末は漢方では「青盲」といわれる「緑内障」の治療に効果があるとされています。

≪アワビの貝殻に含まれる有効成分≫

●コリン:体内でアセチルコリンとなり、副交感神経を興奮させる作用があると言われる。アセチルコリンは血管拡張作用や血流改善作用により房水の排出を高め、眼圧を下げる働きがあると言われている。

●コンキオリン:コラーゲン様タンパク質。コラーゲンの生成を促進し、水晶体をはじめ視神経や網膜のコラーゲンを補うと言われている。

●ミネラル類:抗酸化酵素の構成成分となり、抗酸化作用でタンパク質の変性を防ぐ他、血流改善作用も持つと言われている。


目のお悩みなら漢方の葵堂薬局へ
サブコンテンツ