糖尿病網膜症(とうにょうびょうもうまくしょう) | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局


★夏季休業について★
誠に勝手ながら、当店は8月17日(木)~8月23日(水)までお休みをいただきます。
お問合せや注文は休業中も受け付けております。返信は休み明けより順次対応致します。
目の症状と病気

糖尿病網膜症

「糖尿病網膜症って、どんな病気?」

■糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、糖尿病腎症・神経症とともに糖尿病の3大合併症のひとつで、糖尿病が原因で目の中の網膜が障害を受け、視力が低下する病気。
定期的な検診と早期の治療を行えば病気の進行を抑えることができますが、実際には日本の中途失明原因の第1位となっている病気です。

網膜イメージ

講師イメージ

「糖尿病網膜症になるとどんな症状が現れるの?」

■症状

糖尿病網膜症の症状は、病気の進行とともに変化します。

【初期】自覚症状はほとんどありませんが、目の血管の状態を調べると、小さな終結など、少しずつ異常が現れています。

【中期】視界がかすむなどの症状が出てきます。このとき目の中では血管が詰まるなどの症状が起きています。

【末期】視力低下、飛蚊症などの症状が現れます。また、失明に至ることもあります。

【これは目の中で大きな出血が起こるからです。他にも、網膜剥離や、緑内障など、他の病気を併発する場合もあります。

講師イメージ

「どんな原因が考えられるんですか?」

■原因

糖尿病網膜症は文字通り、糖尿病が原因となっている病気です。
糖尿病にかかると、血液中の糖分を細胞がうまく吸収できなくなるので、血液中の糖分量が増えます。このような状態が続くと、糖がいたずらをして血管に障害を与えるようになります。

目の網膜にある血管は細いので特に障害を受けやすく、その結果、血管がつまったり、出血したりするようになります。
また、血管が障害を受けて機能しなくなってくると、栄養分などを届けられなくなるので、新しい血管(新生血管)が作られます。この血管はとてももろく、出血や成分の漏れを起こしやすいのです。
この状態が、視界がかすむ、視力の低下などの症状の原因になっています。
さらに病気が進行すると、網膜剥離や緑内障といった病気を併発して、失明に至ることがあります。

講師イメージ

「糖尿病網膜症にならないようにするにはどうすればいいの?」

■予防とホームケア

糖尿病網膜症は、完全に治すことのできない病気です。
病院での治療は、新生血管の発生を防ぐために、レーザーで眼底を焼くレーザー光凝固術や、併発した網膜剥離の外科治療など、症状の悪化を防ぐためのものです。
しかし、そもそもの原因は、血液中の糖分が多いことなので、糖尿病自体の治療と同様に生活習慣や食生活の改善をすることで、血糖(血液中の糖分量)をコントロールすることが重要になります。

糖尿病にかかられている方は、その重度にあわせて、病院で目の検査や治療を勧められると思いますので、そのアドバイスに従うようにしながら、糖尿病の進行を妨げるような生活習慣や食生活の改善をするようにしてください。また、栄養補助食品などで体をサポートすることでも効果が期待できます。

講師イメージ

お問合わせはこちら
サブコンテンツ