緑内障(りょくないしょう) | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局

目の症状と病気

緑内障

「緑内障って、どんな病気?」

■緑内障

緑内障とは、目から入ってきた情報を脳に伝達する視神経という器官に障害が起こり、視野が狭くなる病気のことです。一度障害を受けた視神経は、再生することがないため、緑内障は失明する危険があります。

少しずつ見える範囲が狭くなっていきますが、その進行は非常にゆっくりとしていることと、両方の目の症状が同時に進行することは稀なので、病気が進行するまで自覚症状はほとんどありません。

しかし、緑内障は、40歳以上の17人に1人がかかる身近な病気。
近年、緑内障は若年化・増加傾向にあるといわれており、早期発見、早期治療が大切なので、40歳前後の方は眼科での検査をおすすめします。

講師イメージ

「緑内障になるとどんな症状が現れるの?」

■症状

緑内障は、視野が欠損したり、視力が低下しますが、タイプによりそのスピードは異なっていて、徐々に進むものと急速に悪化するものがあります。

緑内障は、早期発見・早期治療が大切なのですが、初期段階では、自覚症状がほとんどないために、症状が進行してしまってから受診する方が多いようです。
緑内障による視神経の障害はゆっくりと起こり、視野も少しずつ狭くなっていくため、目そのものに異常を感じることはありません。
急性の緑内障では、急激に眼圧が上昇し、目の痛みや頭痛、吐き気など激しい症状をおこします。
緑内障は中高年の方に起こる代表的な病気で、目の生活習慣病にも例えられる非常に身近な病気ですので、症状がない場合でも、定期的に眼科検診を受けるのが理想です。

講師イメージ

「どんな原因が考えられるんですか?」

■原因

緑内障の直接的な原因は、前房内の房水が隅角からうまく排出されず、眼球内の圧力が高くなることで、目の神経を傷つけてしまうことです。(眼圧が高くなっても自覚症状はありません)

ところが、緑内障の中でも日本人に多いのが正常眼圧緑内障だといわれています。
正常眼圧緑内障とは、眼圧が高くないにもかかわらず緑内障になることを言います。
この緑内障になる理由として2つほど考えられています。

①眼圧が、一日のうちで正常範囲より高くなる時間がある場合
②視神経が圧迫に弱いために、正常範囲の眼圧でも傷ついてしまう場合

緑内障を起こす眼圧が人によって異なるため、正常範囲と考えられていた眼圧が全ての人にとっての正常ではありません。

次の項目が当てはまる人も緑内障のリスクが高いと言われていますので、当てはまる項目がある方は、一度検査を受けてください。
・ 血縁者に緑内障の人がいる。
・ 強度の近視
・ 低体温
・ 冷え性
・ 低血圧
・ 頭痛持ち
近視はその程度が高いほど、緑内障になるリスクが高いといわれています。
また、低体温・低血圧・頭痛・冷え性の方は、血流の悪さが、視神経にダメージを与える要因になりうると考えられます。

講師イメージ

「緑内障にならないようにするにはどうすればいいの?」

■予防とホームケア

緑内障は、早期発見が大事ですので、眼科での定期的な検査が一番の予防法。眼圧測定だけではわからないため、眼底検査、視野検査などが必要となります。

また、緑内障は、生活習慣(糖分の摂りすぎ、血液がドロドロ、眼精疲労、ストレス、運動不足など)との関係が報告されています。生活習慣や食生活を見直すなど、日頃からのケアが大切です。

講師イメージ

お問合わせはこちら
サブコンテンツ