網膜剥離(もうまくはくり) | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局

目の症状と病気

網膜剥離

「網膜剥離って、どんな病気?」

■網膜剥離

網膜は、眼の奥にある紙のように薄い膜で、カメラのフィルムみたいなものです。網膜剥離は、この網膜がはがれ、硝子体の中に浮き上がってしまう病気です。

網膜には痛みを感じる神経が無いので、剥がれは痛みを伴わなづ、気づきにくいのですが、前兆として飛蚊症があらわれることがあります。また、網膜の中心部である黄斑部分まで剥がれた場合、急激に視力が低下し、失明に至る恐れもあります。

網膜剥離は、毎年1万人に1人くらいの割合で発症するといわれます。そのまま放置すると失明の危険性がありますが、早期に発見して、適切な治療をすれば視力が回復します。

網膜イメージ

講師イメージ

「網膜剥離になるとどんな症状が現れるの?」

■症状

網膜剥離の初期症状として飛蚊症(小さなゴミや虫、髪の毛のようなものが見える症状)や光視症(光がないのにチカチカ光のようなものが見える症状)がありますが、症状が無い場合もあります。
網膜剥離の病状が進むと視野欠損(カーテンに覆われたように物が見えにくくなる症状)や視力が低下します。

講師イメージ

「どんな原因が考えられるんですか?」

■原因

網膜剥離の原因で最も多いのは「裂孔原性網膜剥離」です。
裂孔原性網膜剥離は、老化または網膜に弱いところがあり、網膜の一部に穴があいて、そこに硝子体の水分が入り、網膜が浮き上がって剥がれるものです。
目を強打することでも起こります。ボクシングの選手がよい例です。
網膜に穴があかない網膜剥離として、糖尿病から起きる「牽引性網膜剥離」、炎症による「滲出性網膜剥離」があります。

講師イメージ

「網膜剥離にならないようにするにはどうすればいいの?」

■予防とホームケア

硝子体収縮が関わっている場合は、老化現象の一つなのでどうしようも無い部分があるかもしれませんが、硝子体を構成する成分をサプリメント等で摂取したり、細胞の寿命を早めてしまう活性酸素によるダメージを防ぐことで、進行を抑えられる場合があります。
生活改善を行う心構えが、結果として、網膜剥離を未然に防ぐことに繋がるのです。

■治療法

治療法としては、網膜に裂孔ができているだけであれば,レーザー治療で焼き固めて網膜剥離への進行を抑えることができます。
網膜剥離の状態になってしまうと手術が必要となります。
網膜剥離の手術では、網膜の裂孔したところをふさいで,網膜の下に溜まった水を抜き,剥離した網膜を再接着します。
網膜剥離は、手術で約95%の確率で網膜が元の位置に復元可能な病気です。

講師イメージ

お問合わせはこちら
サブコンテンツ