目やに | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局


★夏季休業について★
誠に勝手ながら、当店は8月17日(木)~8月23日(水)までお休みをいただきます。
お問合せや注文は休業中も受け付けております。返信は休み明けより順次対応致します。
目の症状と病気

目やに

「目やにが出るんだけど、これって病気?」

■目やにが出るからといって必ずしも病気とは限りません。まずは目やにが出る原因について考えてみましょう。

目やには、目から出る分泌物で、医学用語では目脂(がんし)と呼ばれます。結膜や角膜上皮から分泌されている粘液に、涙・血管から漏れた血液細胞・まぶたからの老廃物・ほこりなどが混じったものできています。通常はまばたきによって涙とともに目頭の涙嚢に洗い流されていますが、睡眠中にはこの作用がないので、起床時には健康な人でも目頭や目尻に少量の乾いた目やにが付着することがあります。

講師イメージ

「目やにが出る仕組みってどうなってるの?」

■目やにができる仕組み

01.目の新陳代謝で作られる

目が皮膚の垢のように出す生理的な分泌物が目やにです。目のゴミをくるんで外に出す働きがあり、涙や、代謝により角膜・結膜から脱落した古い細胞などが含まれています。起床時に、少量の乾いた目やにが出るのは心配する必要はありません。

02.目の炎症反応で作られる

細菌やウイルスなどの異物が目に侵入すると免疫反応の1つとして目やにが出ます。
これは体内の白血球によって、取り込まれたり分解されたりした異物が体外に排出されたものです。この場合の目やにの中には、細菌やウイルス、細菌と闘った白血球などが含まれています。

・細菌による感染が原因の場合:黄緑色でドロっとした膿状の目やにが出ます
・花粉症などのアレルギーが原因の場合:涙のようにサラサラした水状の目やにが出ます
・ウイルスによる感染が原因の場合:白くネバネバと糸を引いたような目やにが出ます

講師イメージ

「目やにを予防するにはどうしたらいいの?」

■目やにの予防とホームケアにはこんなものがあります。

いつもと少し違う目やにには、細菌やウイルスが原因になっている場合があります。清潔な手指などでこすり落とすか、清潔なティッシュペーパー、ガーゼ、綿棒などで拭き取る、洗顔・洗目によって洗い落とすようにしてください。

抗菌作用のあるスルファメトキサゾールの入った目薬が有効ですが、目やにの中には細菌がいる場合があります。そのため、目薬をさすときに目薬の先がまぶたにくっついてしまうと、目薬の中に目やにや菌が入り、薬の中で繁殖してしまうことがありますので正しい点目方法を心がけましょう。

また、大量の目やにが出たり、色がおかしい、膿が混じるなどの異常が見られたりした場合には、結膜炎、涙嚢炎、鼻涙管狭窄、さかまつげなどによる角膜炎、ドライアイなど、様々な目疾患の可能性が考えられますので、目科に相談するようにしてください。

講師イメージ

お問合わせはこちら
サブコンテンツ