アレルギー性結膜炎 | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局


★夏季休業について★
誠に勝手ながら、当店は8月17日(木)~8月23日(水)までお休みをいただきます。
お問合せや注文は休業中も受け付けております。返信は休み明けより順次対応致します。
目の症状と病気

アレルギー性結膜炎

「アレルギー性結膜炎って、どんな病気?」

■アレルギー性結膜炎とは

結膜とは、まぶたの裏側と白目の部分を覆っている粘膜のこと。
アレルギー性結膜炎は、目の表面に花粉などのアレルゲン(アレルギー反応を引き起こす物質)が付着することで、この結膜が炎症を起こす病気です。
花粉などが原因となっている、特定の季節にのみ症状があらわれるものを「季節性アレルギー性結膜炎」。一年中症状がみられるものを「通年性アレルギー性結膜炎」と呼びます。
コンタクトレンズも「巨大乳頭結膜炎」という、アレルギー性結膜炎の原因となる場合があります。

講師イメージ

「アレルギー性結膜炎になるとどんな症状が現れるの?」

■症状

目のかゆみ、流涙、めやに、異物感、結膜充血、浮腫、まぶたの腫れなどの症状が生じます。特に目のかゆみはアレルギー性結膜炎に特徴的な症状。
くしゃみ、鼻みず、鼻づまりといったアレルギー性鼻炎の症状をともなうことがしばしばあります。

講師イメージ

「どんな原因が考えられるんですか?」

■原因

本来、異物が生体に侵入すると免疫反応によって除去・無害化がされます。
しかし、この免疫反応が過剰に反応すると生体を傷害してしまうことがあります。これをアレルギーといいます。
アレルギー反応を誘発する原因物質をアレルゲンと呼びますが、季節性アレルギー性結膜炎をおこすアレルゲンは、スギ、ブタクサなどの花粉、通年性アレルギー性結膜炎をおこすアレルゲンは、ダニ、ハウスダスト、ペットの毛、薬剤などです。
また、涙液が減少しているとアレルゲンを洗い流す作用が低下し、アレルギー性結膜炎をおこしやすくなります。

講師イメージ

「アレルギー性結膜炎にならないようにするにはどうすればいいの?」

■予防とホームケア

アレルギー性結膜炎の予防は、なんと言っても原因となっているアレルゲンを避けること。

花粉対策

・外出時はメガネ、マスク、帽子を着用する
・帰宅時に衣類や髪に付いた花粉を払い落とす
・帰宅後は手洗い、うがい、洗顔を心がける
・洗濯物、布団は花粉を払い落としてから取り込む

ハウスダスト対策

・掃除機でこまめに掃除をする
・ほこりが溜まりやすい場所は、濡れ雑巾などで拭く
・たたみやじゅうたんはダニが繁殖しやすいため、床はフローリングにする
・布団は天日干しをする

■治療方法

アレルギー性結膜炎になったときは、眼科で治療を受けるようにしましょう。

眼科で行われる治療は、日常生活に支障がないように、かゆみの症状を軽くすることを目的とした薬物療法となります。かゆみの緩和を目的とする抗ヒスタミン点眼薬と、アレルギー反応を起こしにくくする抗アレルギー点眼薬(ケミカルメディエータ遊離抑制薬)が主に使われます。
重症の場合には、ステロイド点眼薬や免疫抑制点眼薬などを使用する場合があります。

アレルギー性結膜炎のなかでも、症状の出やすい時期が予測できる花粉などが原因のアレルギー症状の場合には、「初期療法」が行われることもあります。これは症状が出る前の、花粉飛散時期の約2週間前から抗アレルギー点眼薬による治療を始めるものです。
抗アレルギー点眼薬は安定して効果があらわれてくるまでに2週間ほどの時間が必要なので、症状が現れる前から点眼をはじめ、花粉飛散時期に効果がピークに達するようにするのです。
毎年花粉症がひどい場合は、症状があらわれる前に眼科を受診することをおすすめします。

講師イメージ

お問合わせはこちら
サブコンテンツ