感染性結膜炎 | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局


★夏季休業について★
誠に勝手ながら、当店は8月17日(木)~8月23日(水)までお休みをいただきます。
お問合せや注文は休業中も受け付けております。返信は休み明けより順次対応致します。
目の症状と病気

感染性結膜炎

「感染性結膜炎って、どんな病気?」

■感染性結膜炎とは

感染性結膜炎は、細菌やウイルスが目に感染し、白目の一番表面の膜である結膜に炎症を起こす病気。
目に不快な症状があらわれるだけの場合が多いのですが、プール熱のように目の症状だけでなく、のどの痛みや発熱といった、かぜに似た症状を引き起こすこともあります。

講師イメージ

「感染性結膜炎になるとどんな症状が現れるの?」

■症状

病原菌により、症状に多少の差があります。
インフルエンザ菌や肺炎球菌の場合は、結膜の充血と粘液膿性の目やにが現れます。
肺炎球菌の場合は、時に小点状の出血斑や軽度の結膜浮腫(むくみ)も現れます。
黄色ブドウ球菌の場合は、成人では眼瞼結膜炎の形で慢性的にみられることが多く、角膜にも病変が存在することもあります。

他にも一般的な症状として、次のようなものが現れます。
・涙が出る
・目がゴロゴロする
・目やにが出る
・目の充血する

講師イメージ

「どんな原因が考えられるんですか?」

■原因

感染症結膜炎の原因は、大きく分けて細菌による感染と、ウイルスによる感染があります。

細菌性結膜炎

結膜炎を引き起こす細菌には、インフルエンザ菌、肺炎球菌、黄色ブドウ球菌、淋菌(りんきん)などがありますが、原因菌の多くは黄色ブドウ球菌です。
黄色ブドウ球菌は、健康な人ののどや鼻、皮膚、手指、毛髪、腸管などにも分布しています。感染力が弱いため、感染の危険は大きくありませんが、目にケガをしたとき、病気などで身体の抵抗力が落ちたとき感染しやすくなります。
また、乳幼児や学童期の原因菌はインフルエンザ菌が最も多いようです。発症時期は冬期が多く、感冒にかかった時に起こりやすいといわれています。
肺炎球菌の場合は、インフルエンザ菌に比べて罹患年齢はやや高い傾向にあります。

ウイルス性結膜炎

原因ウイルスの多くはアデノウイルスによるものです。アデノウイルスは感染力が強く、多くの場合は人から人へと感染するので注意が必要です。「はやり目」や「プール熱」もアデノウイルスによる感染性結膜炎です。

講師イメージ

「感染性結膜炎にならないようにするにはどうすればいいの?」

■予防とホームケア

アレルギー性結膜炎の予防は、なんと言っても原因となっているアレルゲンを避けること。

細菌性結膜炎

治療としては、抗菌点眼薬によるものが基本となります。
細菌の種類によっては、抗菌眼軟膏や抗菌内服薬も必要となります。
治療が適切な場合は、約1~2週間で完治します。

ウイルス性結膜炎

基本的にウイルスに効く薬が無いため、治療では、充血や炎症にはステロイド点眼、また細菌感染を防ぐため抗菌剤や抗生物質を使いつつ自然治癒を待つことになります。
症状は、ウイルスに対する体の抵抗力がついてくるにつれてしだいに治まり、約3週間~1ヵ月ほどで完治します。

講師イメージ

お問合わせはこちら
サブコンテンツ