目の充血 | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局


★夏季休業について★
誠に勝手ながら、当店は8月17日(木)~8月23日(水)までお休みをいただきます。
お問合せや注文は休業中も受け付けております。返信は休み明けより順次対応致します。
目の症状と病気

目の充血

「私の目、充血してるんだけど・・・これって病気ですか?」

■充血しているからといって必ずしも病気とは限りません。まずは充血の原因を考えましょう。

目の充血は、白目の表面の血管が拡張して浮き上がってしまうため赤く充血して見える現象で、 根本的には白目の部分に通っている血管が拡張することによって生じます。 白目が充血する原因としては、目の表面が細菌やウイルスの感染から結膜炎を起こし、 白目の毛細血管が拡張して血液の流れる量が多くなるといったことや、 単純に眼を強くこすってしまったという物理的な刺激を原因として充血する場合もあります。
また、パソコンやテレビゲーム、読書のし過ぎなど眼の酷使、コンタクトレンズの影響、 目の休養が十分になされていない場合に、酸素や栄養分を補足するために血液を多く送り込もうとして 血管が拡張することも、目が充血する原因となることがありま このように目の充血の原因は色々と考えられるのですが、どのようなものが原因の場合であっても、 目にとって悪影響が及んでいることには間違いが無いので、早目の対応が必要です。

講師イメージ

「もし病気が原因だったとしたら、どんなことが考えられるんですか?」

■まず、充血の原因になるような病気をあげてみましょう。

結膜炎

目の病気が引き金となっている充血の場合、「結膜炎」が一番多い原因です。
結膜は、細菌やウイルスの繁殖が起きやすいために炎症が生じやすく、結膜炎は昔から患者数の多い病気です。
結膜炎という病気には幾つかの種類があり、それぞれのタイプによって症状や治療方法も異なります。
結膜炎の代表的なものとしては、「ウイルス性結膜炎」「細菌性結膜炎」「アレルギー性結膜炎」が挙げられます。
細菌やウイルス、それからアレルギー物質などが目の血管や神経を刺激することで、白目の血管が拡張して充血が起こるのです。

ウイルス性結膜炎

ウイルスが感染することによって起こる結膜炎で、結膜も含めた目全体の充血、目やにがたくさん出る、まぶたが腫れる、目の痛みや異物感があるといった症状がでる目の病気です。ウイルス性結膜炎の場合、周囲の人に感染する恐れがあるので注意が必要です。
感染結膜炎についてもっと詳しく≫

細菌性結膜炎

身の回りに存在している細菌が感染して起こる結膜炎で、症状としては粘性のある目やにが多く出て、白目が充血しますが、抗生物質の点眼薬をきちんと使用して治療すれば数日で治ります。感染する可能性は低いですが、抵抗力の低い乳幼児や高齢者の方がいる場合には注意する必要があります。
感染結膜炎についてもっと詳しく≫

アレルギー性結膜炎

ダニやカビ、動物の毛やフケ、花粉などといったアレルギーを起こす原因物質の影響により、免疫機能が過剰反応して起こる結膜炎です。アレルギー性結膜炎の症状としては、目の充血、目のかゆみ、目やにが出る、涙目といったことが挙げられます。
アレルギー性結膜炎についてもっと詳しく≫

ドライアイ

ドライアイは、眼を保護する涙液が不足し、眼の表面が乾いてしまう症状の病気です。
ドライアイについてもっと詳しく≫

緑内障

緑内障による目の症状には黒目の周りに表れる特徴的なものです。緑内障を発症している人でも、常に充血しているわけではなく、急性発作が起きた時に赤くなる場合が多いため、発作のサインとしても見ることができます。
緑内障についてもっと詳しく≫

講師イメージ

お問合わせはこちら
サブコンテンツ