目の痛み・異物感 | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局


★夏季休業について★
誠に勝手ながら、当店は8月17日(木)~8月23日(水)までお休みをいただきます。
お問合せや注文は休業中も受け付けております。返信は休み明けより順次対応致します。
目の症状と病気

目の痛み・異物感

「目に痛みや異物感があるんだけど、これって病気?」

■目の痛みや異物感が必ずしも病気とは限りません。まずは目に異物感や痛みを感じる原因について考えてみましょう。

目は、物を見るというとても繊細な仕事をしている器官。その目を守るために、目の角膜(黒目の部分)は、身体の中で痛みに対する感覚が最もすぐれています。ゴミやほこりなどの小さな異物が入っただけでも痛みを感じますし、涙を大量に流して洗い流そうとします。また、角膜に傷がついた場合には激しい痛みを伴います。

講師イメージ

「目の痛みの原因にはどんなことが考えられるの?」

■目の痛みの原因

非常に繊細な器官だけに、目はほんの少しのことで痛みや異物感を感じます。
そのため目の痛みの原因には様々なものがあるのですが、代表的なものをご紹介します。

・ まぶたを押すと痛みを感じるときは、ものもらいの可能性があります
・ ごく小さなゴミやほこりが目に入った場合でも、痛みや異物感を感じることがあります
・ チクチク、ヒリヒリするといったときには、紫外線による炎症や雪目の可能性があります
・ ブドウ膜のひとつで、瞳孔の大きさを調整する虹彩に炎症が起こった虹彩炎でも痛みが起こります
・ 外部からの刺激やコンタクトレンズの不適切な装用によって、角膜に傷がついたことで痛みが起こる場合があります
・ コンタクトレンズが自分の目に合っていない、汚れがレンズに付着している、レンズが変形しているなど、コンタクトレンズが原因で異物感を感じることがあります

講師イメージ

「目の痛みってほんとに辛い。どうすれば予防できるかな?」

■目の痛み、異物感のホームケアにはこんなものがあります。

01.まぶたが腫れている、まぶたを押すと痛みや異物感を感じる

このような症状があるときは、ものもらいが考えられます。ものもらいはまぶたの縁に細菌が感染する病気です。市販の目薬で改善することも可能ですが、目科での診察を受けることをお勧めします

02.白目が充血して、なかなか引かない

このような症状で痛みがある場合は、虹彩炎が考えられます。虹彩炎は、目球の虹彩と、水晶体が癒着を起こしてしまう事によって発病する病気です。
激しい痛みを伴う場合が多いので、放置する人は少ないのですが、虹彩炎の症状のひとつに視力低下もあるので、自宅でケアをするより、早めに目科で診察を受けることをお勧めします。

03.日雑の強い屋外にいて、目がヒリヒリしたとき

紫外線による炎症が考えられます。炎症が起こったときに有効なのは冷やすことです。ただ、冷却すると刺激に対する反応が鈍くなるので、改善したように感じているだけの場合もあるので注意が必要。
グリチルリチン酸ニカリウムやイプシロン-アミノカプロン酸などの抗炎症成分が入った目薬を使用するのも有効です。

04.目にゴミやホコリが入ったとき

目を傷つけるおそれがあるので、目をこするのはNG。目を洗ったり、目薬を使って異物を洗い流しましょう。激しい痛みを伴うときは、角膜に傷がついているおそれがありますので、目科医に相談してください。

講師イメージ

お問合わせはこちら
サブコンテンツ