飛蚊症(ひぶんしょう) | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局


★夏季休業について★
誠に勝手ながら、当店は8月17日(木)~8月23日(水)までお休みをいただきます。
お問合せや注文は休業中も受け付けております。返信は休み明けより順次対応致します。
目の症状と病気

飛蚊症

「飛蚊症って、どんな病気?」

■飛蚊症とは

飛蚊症とは、ものを見ているときに黒い虫かゴミのようなものが浮遊して見える病気のことです。それが、まるで蚊が飛んでいるようだということから飛蚊症と名付けられました。

黒い虫のようなものの形や大きさはさまざまで、視線を動かすと追いかけてくるような動きをする場合もあります。症状が出る年齢もさまざまで、20代から症状を自覚する人もおり、最近、症状を訴える人が増えている病気でもあります。

講師イメージ

「飛蚊症になるとどんな症状が現れるの?」

■症状

症状としては、目の前を小さな「浮遊物」が飛んでいるように見えます。
形状は糸状だったり、小さな粒や丸い輪、また、半透明の場合もあります。

「邪魔だな」と思って視線を変えても、浮遊物は一緒に移動してくるのが一般的です。
目をこすっても変化がなく、消えることはありません。

特に明るい場所でハッキリと見え、一旦気になると気になって仕方がなくなるようです。

講師イメージ

「どんな原因が考えられるんですか?」

■原因

飛蚊症の原因は、「生理的なもの」と、「目の病気が原因で起こるもの」とに分けられます。

生理的な原因の場合

生理的な原因で起こる飛蚊症は、目の構造と密接な関係があります。目の中は空洞ではなく、透明なゲル状の硝子体という物質で満たされています。硝子体の成分は加齢とともに変化し、一部にしわのようなものができます。すると、この部分が濁ってその影が網膜に映り、視野の中で黒い点のように見えるのです。

また、加齢とともに硝子体が萎縮してしまうと、硝子体の後ろが網膜から剥がれてしまい、この部分が黒い点のように見えることもあります。

このように生理的な原因の場合、飛蚊症は病気と言うより、老化現象のひとつなのです。そのため、生理的飛蚊症は、眼科でも有効な治療方法というものが確立されておらず、そのまま改善されずに少しずつ進行する場合が多いようです。

病気が原因の場合

飛蚊症を引き起こす代表的な病気には、網膜剥離や網膜裂孔などがあります

網膜剥離が原因の場合は、早急に治療が必要となります。
次のような症状がみられるようでしたら、ぜひ眼科を受診してください。
・黒い点の量や範囲が急に増えた
・暗い場所で突然稲妻のような光が見える
・急に視力が低下した
・視野の一部分が欠けている

講師イメージ

「飛蚊症にならないようにするにはどうすればいいの?」

■予防とホームケア

生理的な原因による飛蚊症は、老化によって起こされるものなので眼科でも有効な治療法はありません。老化が進まないように、 予防とホームケアに心がけることが重要になります。

01.紫外線を防ぐ

目は外から入った光を 「網膜」 に写して映像を結びますが、有害な紫外線が入ってきます。この紫外線が網膜を通して目に入ると、硝子体中に「活性酸素」が発生し、たんぱく質や脂質が酸化されてしまいまいます。この状況が進むと、やがて硝子体の組織を変質させ、飛蚊症が生じます。

外出時には日光による紫外線から目を守るためにサングラスを着用したり、紫外線を発するテレビやパソコン画面の利用時間を減らすなど、 少しでも「活性酸素」を体内に発生させないことが重要です。

02.活性酸素を防ぐ

紫外線などにより生じた活性酸素は、硝子体に対して大きな障害を与えます。正常な時は、活性酸素を分解してくれる酵素が分泌し、除去してくれるのですが、この酵素は加齢やストレスなどにより不足してしまいます。

まずは、毎日の食生活を見直して、ビタミンやミネラルをたっぷり摂取すること。これらの栄養素は酵素の原材料となります。食事で取れない場合は、栄養補助食品やサプリメントで補うようにしましょう。

講師イメージ

お問合わせはこちら
サブコンテンツ