白内障(はくないしょう) | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局


★夏季休業について★
誠に勝手ながら、当店は8月17日(木)~8月23日(水)までお休みをいただきます。
お問合せや注文は休業中も受け付けております。返信は休み明けより順次対応致します。
目の症状と病気

白内障

「白内障って、どんな病気?」

■白内障

水晶体とは、目の中でカメラのレンズのような働きをする組織で、外からの光を集めてピントを合わせる働きを持っています。 この水晶体のたんぱく質が、加齢と共に変性して次第に白く濁り、うまく光が通らなくなるのが白内障です。

講師イメージ

「白内障になるとどんな症状が現れるの?」

■症状

白内障では、水晶体が白く濁ることで視力が低下します。
それ以外に、入ってくる光をうまく調節できないので、次のような症状が現れます。

・視界が全体にかすむ
・光をまぶしく感じる。
・暗いときと明るいときで見え方が違う
・急にめがねが合わなくなる。

講師イメージ

「どんな原因が考えられるんですか?」

■原因

白内障の原因としては加齢によるものが多く、「加齢性白内障(老人性白内障)」と呼ばれます。
個人差はありますが、誰でも年をとるにつれて水晶体は濁ってきます。加齢性白内障は一種の老化現象ですから、年齢が高い人ほど発症するケースが多くなります。

また、白内障は、紫外線やダイオキシンなどによる活性酸素が大きな原因の一つであることが分っています。若いうちは体内の活性酸素を除去する機能が活発に働くことで、それらの弊害を抑えてくれているのですが、加齢と共に水晶体が酸化(老化)して症状が出てくるのです。
また、糖尿病の合併症である糖尿病網膜症になると、白内障になる人も多いといわれています。

講師イメージ

「白内障にならないようにするにはどうすればいいの?」

■予防とホームケア

生活に支障が出ていない初期の場合

視力の低下や目のかすみが日常生活に支障がない初期の段階では、原因である活性酸素のいたずらを防ぐために、抗酸化栄養素を積極的に取ること。そして目の負担を少なくすることが基本になります。
その上で、ピレノキシン製剤やグルタチオン製剤による点眼治療をすると効果があるといわれています。ただし、目薬を使用しても水晶体が透明に戻るわけではなく、あくまで白内障の進行を抑えることが目的であることを認識しておいてください。

仕事や生活に支障が出てきた場合

白内障が進行して日常生活に支障がみられる場合には、外科的手術が行われます。
現在では「超音波乳化吸引術」が一般的です。この手術では、濁った水晶体を超音波で粉砕して取り除き、その代わりに人工水晶体である眼内レンズを挿入します。

白内障の手術は、多くの患者さんが安心して受けることができる手術の1つです。白内障の手術は著しく進歩し、かなり安全性が高く、患者さんの負担も少なくなっています。白内障は手術を受ければ確実に視力の回復が見込める病気です。ただし、人工的な眼内レンズにピント調節機能はないため、手術後もメガネなどによる視力の矯正が必要な場合があります。
生活に支障が出るレベルになったら、一人で悩んでいないで、できるだけ早く眼科で診察を受けることをお勧めします。

講師イメージ

お問合わせはこちら
サブコンテンツ