乾き目(ドライアイ) | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局

目の症状と病気

乾き目(ドライアイ)

「目が乾くんだけどこれって病気?」

■目が乾くからといって必ずしも病気とは限りません。まずは目が乾く原因について考えてみましょう。

エアコンの使用などで空気が乾燥しているとき、長時間のパソコン作業やテレビ干渉をしたとき、コンタクトレンズを使用しているとき、目の渇きを感じたことがあるとしたら、乾き目(目球乾燥症)の可能性があります。
乾き目とは、目を保護する涙液が不足することで、目の表面が乾いてしまう病気。慢性化したものや症状が進んだものをドライアイと呼びます。

講師イメージ

「乾き目の症状ってどんなものがあるの?」

■乾き目の症状は、目が乾く、目が疲れる(目精疲労)、目が痛い、充血する、目の痙攣、10秒以上目が開けられない 、理由もなく涙が出るなど。

涙は、酸素や栄養を運んだり、目に入った異物を洗い流す、殺菌作用など大切な目を保護するための様々な働きをしてくれています。そのため、涙が少なくなる乾き目の症状がひどくなると角膜や結膜に障害が起こるのです。
症状が重症な人では、目の表面に無数の傷がつく場合があり、これが他の目の病気の原因となることもありますので、目が乾いていると軽視するのは危険です。

講師イメージ

「じゃあ、乾き目の原因って?」

■乾き目の原因

涙涙の大部分は「涙腺」という組織で作られています。
涙腺から分泌された涙は、まばたきにより目の表面に広げられ、目の表面に涙の膜をつくるのです。このように涙はまばたきによって運ばれるので、まばたきの回数が減ると目が乾きやすくなります。
集中してパソコン作業をしたり、テレビ鑑賞を続けていると、自然とまばたきの回数が減るので、乾燥しやすくなります。

また、膜となっている涙の一部は蒸発するので、部屋が乾燥していると潤いが保てなくなります。

他にも、コンタクトレンズの使用、ストレス、加齢、アレルギー性結膜炎に伴うもの、それに目が大きい、アイメイクなどが原因になることもあります。
軽度なドライアイでコンタクトレンズを使用している場合は、角膜感染症を起こしやすいので注意が必要。定期的な目の検査を受け、原因疾患の治療とともに、人工涙液や角膜保護剤の点目を行うようにしてください。

乾き目は、膠原(こうげん)病のひとつであるシェーグレン症候群(中年女性に多い)によるもの、全身の粘膜がおかされるスチーブンス・ジョンソン症候群などの一症状でもあります。

講師イメージ

「乾き目ってけっこう辛いの。どーすれば予防できるかな?」

■症状が軽い場合には自然におさまることもあります。しかし症状がひどかったり、いつまでも長びくような場合には、目の表面が傷ついていることが考えられるため、目科の受診・治療が必要になってくるので、しっかり予防とケアを心がけましょう。

01:目の休息

・ 定期的に目を休める
・ 遠くを見たり、目を動かして目の緊張を和らげる
・ 蒸しタオルで目を暖め血行をよくする
・ 目の周囲をマッサージする
・ まばたきの回数を意識的に多くする
・ 目に優しい生活を意識する
(睡眠不足など生活習慣の乱れでも、涙の分泌量が少なくなります)

02:目薬を利用する

ドライアイ専用目薬を利用します。(但し、過度の目薬はくれぐれも習慣化しないように気をつけること)

03:部屋の湿度を保つ

加湿器などを利用して、部屋が乾燥するのを防ぎます。

04:コンタクトレンズを正しく利用をする

・必ず使用上の注意を守る
・ドライアイの症状がひどい場合には、コンタクトレンズ専用目薬を利用する

05:アイメイクに気をつける

アイメイクにより、目の表面の涙が蒸発しないための油が出しているマイボーム腺が塞がれることがあります。アイメイクをする場合は、しっかりとメーク落しを行うようにしましょう。

06:食事・栄養に気をつける

・ 血流をよくするよう食事に気をつける
・ 健康補助食品などを利用する。
目に良い栄養素・食事について詳しく≫

講師イメージ

お問合わせはこちら
サブコンテンツ