目の健康にい栄養素とその働きとは? | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局

目の健康コラム

目の健康にい栄養素とその働きとは?2016/12/19更新

目もカラダの一部なので、全身の健康を保つことが大切ですが、それと合わせて目に関係する栄養素を積極的に摂ることでよりいい状態に近づきます

■ビタミンB群

ビタミンBの中で目と特に関わりが深いのがビタミンB1、B2、B6などです。

 

●ビタミンB1

エネルギー代謝にかかわるビタミンで、血行促進にも役立ちます。豚肉やごま、大豆などに多く含まれています。

 

●ビタミンB2

糖質やたんぱく質をエネルギーに変える手助けしますまた疲れ目や、目の充血を予防する効果があります

乳製品やレバー、納豆などに多く含まれています。

 

●ビタミンB6

たんぱく質を分解しアミノ酸に変え、更にそのアミノ酸の働きに関わっており、目の疲れの予防、免疫機能強化も期待できます

まぐろや牛レバー、にんにく、卵などに多く含まれています。

 

●ビタミンA

粘膜に関するビタミンで夜の視力を助けたり、乾燥を防ぐ効果があります

レバーやウナギ、卵黄、緑黄色野菜に多く含まれています。

 

●ビタミンC

コラーゲンの合成を助け、目の毛細血管を健康に保ちます。

最近ではビタミンCの摂取量が多い人ほど白内障のリスクが低下するというデータもあります

イチゴやキウイ、かんきつ類などのほか、ジャガイモなどにも多く含まれています

 

●ルテイン

カロテンの中で目の中の網膜に存在する栄養素。紫外線などによる網膜のダメージを予防してくれます。

ケール・ほうれんそうなどに多く含まれています。

 

ひとつだけでなく複数の栄養素を合わせて摂る場合には、食材からだけでなく、サプリメントなどを利用するのもよい方法です

バランスよい食事と活性酸素を増やさない生活習慣を心がけることも目の健康をキープしましょう。

 

niku_buta hourensou_spinach

 

 

 


目のお悩みなら漢方の葵堂薬局へ
サブコンテンツ