ズキズキする 重い・・目の痛みは病気のサイン? | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局


★夏季休業について★
誠に勝手ながら、当店は8月17日(木)~8月23日(水)までお休みをいただきます。
お問合せや注文は休業中も受け付けております。返信は休み明けより順次対応致します。
目の健康コラム

ズキズキする 重い・・目の痛みは病気のサイン?2016/12/28更新

目の痛みには表面的に感じるものと、ズキズキ痛む、重い・・などの「目の奥の痛み」があります。表面的なものはドライアイやコンタクトなどのよる異物感がほとんどで、うるおいを与えたり、清潔にすることで解消されることが多いようです。一方、目の奥の痛みは「眼精疲労」が原因のことが多く、慢性的で目を休めてもなかなか回復しないことがあります

眼精疲労は病院でも点眼などで治療することができるので、つらく感じるときには早めに眼科を受診するようにしましょう。

 

■冬に感じる目の痛みの原因は?

 

冬の寒い日には目の奥やこめかみなどがズキズキと痛むことがあります。これは寒さによって血管が収縮されることで血行が悪くなり、目の周りや肩、首などの筋肉が凝り固まってしまうことが原因のひとつです。血行悪くなると緊張状態が続くの目の神経や筋肉も負担がかかり、痛みを感じることがあるようです。また、急激な温度変化は血圧を上げることにもつながるので、眼圧が高めの人は注意が必要です。急激な目の痛み、特に吐き気をともなうほどの痛みがある場合には、「急性緑内障」の可能性もありますので、自己判断せずに眼科を受診しましょう。冬の寒さによる目の痛み対策には、しっかりと入浴してカラダ全体を温めることや外に出かける際にも首回りなども温めることも大切です。筋肉の緊張をほぐすために軽いストレッチをすることも効果的です。

 

■目の痛みがおきる病気

 

目の痛みの多くは眼精疲労やドライアイによるものですが、時には病気のサインのこともありますので、早めに専門家に相談しましょう。

 

〈角膜膜炎〉

コンタクト使用者に多く、症状としては異物感やまぶしさを感じます。

〈緑内障〉

眼球内の圧力(眼圧)が上がり視神経が侵され、視力低下や視野狭窄をおこします。急に眼圧が上がる急性の緑内障発作では眼の痛みに加え頭痛・吐き気などもあり、

〈三叉神経痛〉

顔に分布する知覚神経に強い痛みが走る病気。この場合の目の痛みは眼窩神経に走る痛みです。刺されるような痛み、(顔全体が)えぐられるような痛みがあります。

〈急性霰粒腫・麦粒腫〉

「ものもらい」のことで、まぶたが腫れて痛みを伴います。

soudan-topimage03

 

 


目のお悩みなら漢方の葵堂薬局へ
サブコンテンツ