白内障予防にビタミンCが効く!? | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局

目の健康コラム

白内障予防にビタミンCが効く!?2016/7/29更新

ビタミンCが白内障を予防する!?

加齢によっておきる老人性白内障の発症率は、食事からのビタミンC摂取量が多い人ほど低くなるということが、厚生労働省研究班の調査結果で明らかになりました。 この調査は、全国約14万人を対象に食事などの生活習慣をあらかじめ把握しておき、その後の長期追跡でがんや心筋梗塞、糖尿病、白内障などの発病との関連を調べているものです。46~64歳までの男女約4万人をビタミンCの摂取量で5つのグループに分け、5年間の追跡調査で白内障の発病リスクを比較しました。

この期間内に、男性110人、女性187人が白内障の手術を受けていましたが、ビタミンCの摂取量が多いグループほど白内障の発病頻度(手術を受ける比率)が少なかったことが分かりました

なぜ、ビタミンCの摂取が有効なのか?それはビタミンCの抗酸化作用にあるようです。白内障は、カメラのレンズにあたる水晶体が濁り、徐々に視力が低下する病気です。 加齢による水晶体が濁るのは水晶体を構成するタンパク質が酸化してダメージを受けることが主な原因。

食事から摂取するビタミンCによって、眼内のアスコルビン酸濃度が高まり、水晶体の酸化ダメージを予防することができるようなのです。

 ビタミンCが豊富な食材を摂って 白内障のリスクを抑える

ビタミンCが老人性白内障に効果があることが分かってきましたが、現在のところ分かっているのは食事によって摂ることで、サプリメントでの補給野効果は検証されていません。白内障の予防を考えるならできるだけ食事から摂るのがオススメです。

 ≪ビタミンCが豊富な食材≫

パセリ・ブロッコリー、ピーマン、レモン、いちご、緑茶などがあります。ただ、ビタミンCは水溶性で熱に弱いので、加熱するよりも生のまま食べるほうがより効果的です。また、夏野菜の代表である「ゴ―ヤ」や「ジャガイモ」などのイモ類に含まれるビタミンCは熱に強い性質があるので、炒めたり、あげたりしても大丈夫です。

foods-vitaminc-img01

ビタミンCは目生活習慣病の予防などにも効果があると言われていますので、食事の中からビタミンCを摂ることを意識するようにしましょう。

 

 

 


目のお悩みなら漢方の葵堂薬局へ
サブコンテンツ