目の健康にいい食材~漢方素材で目の健康を保つ~ | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局

目の健康コラム

目の健康にいい食材~漢方素材で目の健康を保つ~2016/10/17更新

眼や白内障、緑内障など目の不調は、調子の悪くなっている部分だけでなく、身体全体の調子を整えることが予防や改善につながります。目にいい栄養素は様々ありますが、今回は漢方でも使われている食材についてご紹介します

“飲む目薬” クコの実の作用とは?

中国料理などによく使われる食材で、杏仁豆腐の上に小さな赤い実が乗っているのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。この小さな赤い実には身体に良い栄養素が多く、スーパーフードとしても注目されています。 100種類のビタミンやミネラルが含まれていると言われ、カロテノイドやビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、リノレン酸、アミノ酸、鉄分、カルシウムなどの各種ミネラル、食物繊維、ポリフェノールなど美容にも健康にも良い成分がたっぷり。特に、「飲む目薬」と呼ばれるほど目にいい栄養素が豊富で、βカロチンやゼアキサンチンなどの、豊富なカロテノイドの働きにより白内障や緑内障などの目の病気の予防にも効果的であると言われています。
また、ゼアキサンチンは目の中心「黄斑」に存在している成分で、紫外線によるダメージを防ぎ、黄斑を正常に保ち、変性やすることから守ったり、老眼などの予防にも効果があるとされています。

“不老不死”の妙薬として中医学で活用

中医学では古くから不老長寿の妙薬として有名です。また、長期間服用すると視力が向上し、老眼にもなりにくいとも言われていますクコの実には副交感神経を刺激し、心拍数や血圧を下げる働きが あります。更に血管を拡張し、血流を改善することから、房水の排出を促進し、眼圧を下げる効果があると考えられます。

クコの実を自宅で食べる方法、注意点は?

クコの実は乾燥させたものであればスーパーなどで買うことができます。そのままであまり味のないものなので、スープやお茶にいれて食べたり、シロップづけにするものオススメです。甘酸っぱい味わいでスイーツにはよく合います。ただし、身体にいいからといって大量に食べると、お腹を壊すこともあるので注意が必要です。適量が配合されたサプリメントや漢方薬などもあり、調理するよりも手軽なので、こちらを利用する方法もあります。

意外に知られていないクコの実の栄養素。薬と違い副作用などもないので、食生活に取り入れながら目の健康に役立ててください。

 

sweets_annindoufu


目のお悩みなら漢方の葵堂薬局へ
サブコンテンツ