子供を近視から守る!! スマートフォンが子供の目に与える悪影響とは!! | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局

目の健康コラム

子供を近視から守る!! スマートフォンが子供の目に与える悪影響とは!!2017/6/01更新

皆様はお子様に、スマートフォンを持たせていますか?
ちょっと前までは、「防犯のため」や「連絡を取り合うため」など、お子様に携帯を持たせる際には何かしらの理由がありました。
しかし、現在では、理由が無くてもスマホを持たせているご家庭もあります。
スマートフォンを持つことが悪いわけではありません。
その使い方によっては、お子様の成長を促進することもあります。
けれども、幼い年齢からスマートフォンを持たせることは、メリットよりもデメリットの方が多いのです。
ネットリテラシーを持っていない子供たちによる「ネットいじめ」やSNSの「炎上」を聞いたことがない人は居ませんよね。
「皆持っているから」などの理由で、お子様の人生を危険にさらしたくはしたくないことでしょう。
スマートフォンやインターネットは、どうやって使えば良いかを大人が教えてあげる必要があります。
実は、スマートフォンによって生じる危険はもう一つあるのです。
それは、「近視」です。
「近視なんて、年を重ねてからでしょ」
このような考えでは、お子様が成人されたころには近視に成ってしまうかもしれませんよ。
それを防ぐためにも、今回はお子様の近視を防ぐための方法をお伝えします。

皆さんは、何が原因で近視になると思いますか?
その答えは、「小さい物を近くで長い時間見続ける」事です。
「ゲームは1日1時間!!」
このような言葉を親から言われた人も少なくないでしょう。
その言葉の真意は、貴方を近視にさせないためだったのです。
今になって初めて分かった方もいらっしゃるかもしれませんね。
現代はゲームに加えて、スマートフォンも台頭してきたため、近視になる確率は倍以上に成っている事でしょう。
その確率を下げるためにも、電子機器に触ったら、遠くのモノを見る習慣を付けましょう。
「10分触ったら、10分外を見る」
このような工夫で禁止になる確率は大きく下がります。
大人ですら、この習慣を続けることが難しい方もいらっしゃるでしょう。
子供なら、その難易度も上昇します。
物心がつく前から、このような習慣を付けられるように行動しましょう。
これから、近視になる人は確実に増加します。
大切なお子様をその一員にさせないためにも、時には厳しく指導しましょう。

今回は、お子様の近視を防ぐための方法をご説明しました。
私達の生活において、現在の電子機器は欠かせませんし、これからも増え続けることは目に見えています。
子供を近視から守るためにも、親がしっかりとスマートフォン類の使い方を管理してあげましょう。


目のお悩みなら漢方の葵堂薬局へ
サブコンテンツ