外出好き必読!翼状片の原因とリスクについて簡単解説! | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局

目の健康コラム

外出好き必読!翼状片の原因とリスクについて簡単解説!2017/9/01更新

日頃から目を大切にしていると胸を張って言える方はいらっしゃいますか?目は取替えのきかない一生のものの器官です。
悪性のウイルスでなくても放置していると重大な障害を引き起こすものもあり、目のケアを怠ることは大変危険です。
 
今回は紫外線によって引き起こされる「翼状片」についてご紹介します。

・翼状片とは


翼状片とは結膜という半透明で白目を覆っている膜が、目頭から黒目に入り込んでくるものです。
白目の構造は下から、強膜、テノン嚢、結膜となっていますが、翼状片の場合、2段目にあるテノン嚢が異常増殖して、黒目の角膜に侵入します。
 
また、翼状片は結膜の慢性炎症腫瘍と定義されています。
そのため、結膜に対する刺激が多いほど慢性的な炎症を引き起こし症状を悪化させます。また、高齢者が発症するケースが多いのが特徴です。
 
主な自覚症状としては、充血や目に異物が入っているように感じます。
症状が進行してくると見た目で判断しやすい病気です。
 
しかし、翼状片が角膜にまで至ると乱視や視力低下が起こり、瞳孔を覆ってしまうと失明の可能性もあります。

・治療方法について


翼状片は悪性の組織ではないため、特に気になければ本格的な治療を行う必要はありませんが、充血や目の違和感が強くなってくると点眼などで治療を行います。
 
しかし、翼状片の完全除去には手術が必要ですので症状が重度化する前に診断してもらいましょう。
翼状片は手術を行っても再発の可能性が捨てきれません。そのため、手術後も再発防止に努める必要があります。

・対策方法について


翼状片は紫外線や目に対する刺激が原因であるとされているので、外出時にはサングラスや帽子などを着用しましょう。
 
また、紫外線による活性酸素が直接的な原因ですので、これを抑えるために普段の生活ではルテインやビタミンCを積極的に摂りましょう。
紫外線が強い地域では翼状片の発症率が高いので、普段から過度に紫外線を浴びている方は特に注意が必要です。
 
 
いかがでしたか。
翼状片は、紫外線などの角膜への刺激が主な原因ですので直射日光に当たることが多い方や目を酷使する仕事をしている方は気をつけましょう。
翼状片自体は悪質な組織ではありませんが、放置しておくと重大な目の障害につながりますので、日頃からのケアが必要不可欠です。
 
また、翼状片には漢方薬の「越婢加朮湯(えぴかじゅつとう)」も非常に有効です。
症状が軽度の場合は漢方薬や点眼を用いた治療がおすすめです。


目のお悩みなら漢方の葵堂薬局へ
サブコンテンツ