世界緑内障週間って知ってますか? | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局

目の健康コラム

世界緑内障週間って知ってますか?2017/2/28更新

日本人の失明原因の第一位!?緑内障の関心を高めよう

 

日本人の中途失明の原因として最も多いと言われる緑内障。少しずつ視野が欠けていく病気で、40歳以上の人の20人に1人がかかっているとされています。しかし、自覚症状に乏しく、早期発見が難しいのが問題とされています。

40歳以上の男女30人を対象にしたある調査(日本アルコン)では、緑内障を治療中の120人のうち、自覚症状があって受診したと回答したのは18・3%。79・1%は自覚症状がなく、定期健康診断や別の目の病気で通院した際に指摘されたことが緑内障発見のきっかけだったそうです。

調査は緑内障ではない人も対象にしており、緑内障が中途失明原因の1位であることを知っていた人は20・8%しかいなかったそうです。

また、点眼による治療は一生続ける必要があることを理解している人は13・3%と、緑内障に対する知識・理解度はかなり低いことが浮き彫りになりました。

 

無料検診もできる「世界緑内障週間」とは

 

以前は、眼圧の上昇が緑内障の最大の原因とされてきました。ところが実際には、正常眼圧であっても緑内障になるケースが多いことがわかり、現在では緑内障全体の70%以上を「正常眼圧緑内障」が占めるほどになっています。不調を感じなくても40歳を過ぎたら定期的に検査するほうが安心です。
発症する人が多いにも関わらず、理解が進まない緑内障についてもっと多くの人に知ってもらうために、毎年3月に世界緑内障週間を設けています。とこの期間のことを、世界緑内障週間World Glaucoma Weekといいます。
この期間、世界中で様々なイベントや啓発運動、イベントが同時に行われています。日本でも講演や無料の検診なども行われています。

http://www.ryokunaisho.jp/infomation/wgw.html

 

初期段階で発見できれば進行を遅らせることも可能です。

もしかして…と思ったら専門家に相談しましょう。sikkarikameba02

 

 


目のお悩みなら漢方の葵堂薬局へ
サブコンテンツ