これで丸わかり!ものもらいの種類や原因について簡単解説! | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局

目の健康コラム

これで丸わかり!ものもらいの種類や原因について簡単解説!2017/9/21更新

ものもらいは、身近な病気ですが実は危険な病気です。
発症すると炎症が引くまで痛み続けますし、粘膜の近くなので放っておくこともできません。
 
今回はそんなものもらいについてご紹介したいと思います。

・ものもらいとは


まぶたにある脂や汗を分泌する腺に細菌が感染することによって起こる急性の化膿性炎症のことを「ものもらい」と言います。
 
ものもらいとは「他の家から食べ物を頂くと治る」という言い伝えに始まった名称です。
他にも呼び名があり「めばちこ」などとも呼ばれます。
 
ものもらいには麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と霰粒腫(さんりゅうしゅ)の二つの種類があり、それぞれ原因、症状が異なります。

・麦粒腫の症状


まつげの根元が赤く腫れて、最初は痒みから始まり、だんだんと痛みを伴うようになってきます。
場合によっては、耳たぶの付け根のリンパ節が腫れることもあります。
 
そして、まばたきだけでも目に痛みが走り、充血、まぶたの腫れなどの症状が出てきます。
さらに、炎症が強くなってくると腫れや痛みが強くなり、膿が出てくることもあります。

・霰粒腫の症状


まぶたに痛みのないしこりが感じられます。
ただし、細菌が入ると赤く腫れて痛みを伴う場合があります。
炎症を起こしてしまうと、麦粒腫と似た症状になります。霰粒腫は、症状を放置していると改善せずに長引いてしまうのが特徴です。
 
また、霰粒腫の症状と似た癌である可能性もありますので、ものもらいの疑いがあればすぐに眼科に行くようにしましょう。

・麦粒腫発症の原因

まぶたの分泌線や毛穴に細菌が入り込むことによって急性化膿性炎症が起こるのが原因です。
黄色ブドウ球菌という細菌が原因ですが、この細菌はどこにでも存在しています。
 
健康状態にあっても皮膚や喉、また動物の皮膚やホコリなどに付着しており菌を避けて生活することは基本的に不可能です。

・霰粒腫発症の原因

霰粒腫は脂の成分を出すマイボーム腺が詰まって、その周りに慢性の炎症が起きて、中に分泌物が溜まっている状態です。
霰粒腫は細菌によって感染する類の炎症ではなく、無菌性のものです。
 
 
いかがでしたか。
ものもらいの予防方法は、顔をよく洗い清潔な状態を保つことです。
まぶたをこすることも原因となるので注意しましょう。
 
また、メイクやコンタクトレンズも適切に使用しなければものもらいの原因となります。
一番の予防法は何より普段から生活に気を使うことなので、日頃から体調管理に気を使ってくださいね。


目のお悩みなら漢方の葵堂薬局へ
サブコンテンツ