あなたは大丈夫??かすみ目の原因と対処 | 目のお悩みなら漢方の葵堂薬局

目の健康コラム

あなたは大丈夫??かすみ目の原因と対処2017/7/15更新

視野がぼんやりしてはっきり見えなくなる、かすみ目。
目のかすみ=目の疲れと考える方も多いかと思いますが、実はかすみ目の原因は疲れだけではありません。
今回はかすみ目についてその原因と対処方法についてみていきましょう。

■かすみ目の原因
かすみ目は以下の4つが主な原因だと言われています。

1.眼精疲労
デスクワーカーが増えている昨今、パソコンやスマホの画面の同じところをずっと見続けることが多くなっています。
同じところばかりを見ていると、目で見る機能をつかさどる筋肉が緊張したままになり硬直してしまいます。
簡単に言えば、肩にずっと力を入れたまま過ごしているのと同じような状態ですから、目に大きく疲労がたまってしまいます。

また、筋肉が緊張したままだと、無理にピントを合わせようと目ががんばってしまい、かすみ目に繋がるのです。
さらに、同じところを見続けることはドライアイにも繋がりますから、ますます眼精疲労を加速させてしまうのです。

2.加齢
視力は年を取るとともに年々低下するので、放っておいてもかすみ目に繋がります。
また、加齢によるかすみ目は白内障が原因であることも考えられるので注意しておく必要があるでしょう。

3.目の病気
白内障だけでなく、目の病気はかすみ目を引き起こします。
代表的なものには、ドライアイ、緑内障、糖尿病網膜症などが挙げられます。

4.コンタクトトラブル
度の合っていない眼鏡やコンタクトの使用、コンタクトの乾燥、長時間のコンタクトの使用などが原因でかすみ目になることがあります。コンタクトは使用用途しっかり守るようにしましょう。

■かすみ目の対処方法
かすみ目を対処する上で最も大事なことは「目を酷使しない」ことです。
このことを念頭に置いたうえで、日常的に出来る対処方法をいくつか紹介しましょう。

1.適度に画面から目を離す
忙しくなると2,3時間とパソコンの画面に向き合い続けていることも多くなってくるかと思いますが、適度に休憩を取らなければ作業効率の低下にも繋がります。
パソコン出の作業は1時間に10分程度休憩を取るようにしましょう。

また、スマホは画面の距離が近いので目を酷使しがちなので、30分に一度は休憩をいれるようにしましょう。

2.蒸しタオル
休憩時間など少し時間がある際にオススメの方法です。
タオルを軽く濡らしてビニール袋に入れレンジで30秒加熱する、または集めのお湯につけて絞ったタオルを使うなどして、目を温めてあげましょう。
温まると目の周りの血行がよくなるので自然と筋肉もほぐれていきます。

3.目薬
市販の目薬に、ピント調節機能を改善する働きや目の血行を促す機能をを持つものが存在します。
目の疲れにはビタミンB12、乾燥にはヒアルロン酸が効くので、選ぶ際には成分表示を見るようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
かすみ目には多くの原因が考えられますが、日常生活の疲れから来るものも多く存在し、対処するには普段から「目を酷使しない」ように心がけることが必要なのですね。

正しい理解と対処をもって、かすみ目に備えましょう!


目のお悩みなら漢方の葵堂薬局へ
サブコンテンツ